2017/05/01

島村剛インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画時間10分17秒

 

管理職の役割とは

管理職には3つの役割がある

1部下を守ること

いろいろなシチュエーションの中で、管理職たるもの部下がとりくんでいることをしっかりと守ることが重要。

2経営の意思をしっかりと伝えること

経営が何を意図して方針を立てているか、その経営の思いを伝えることが重要。
経営トップが書いていることをノートに伝えているわけではなく、経営の意図と思いを伝える。

3現場の実感を経営に伝えること

現場で何が起きていて、そこで頑張っているみんなが何を思っているか、感じているかを経営に伝える。
万が一現場の実感にそぐわない指示があった場合は、経営に、現場の実感にそぐわないことを伝えることもある。

社長の役割とは

社長の役割は経営をすること。そして、一人一人が本領発揮をする環境を整えること。
環境を整えるために、自分の時間や意識の大半を使う。
反省としては私はプレイヤーの時間が多くなっていた。自分としては今後の改善の余地がある。

 

社長としての喜び

結果として利益がでること、これは大切にしなければいけないこと。
内面的な喜びは、この事業に関わってくれた人が、この仕事をやって嬉しいんだよね。こんな達成ができたよねっていうところに立ち会えることが経営者としての喜びです。

 

人を育てるということで意識していること

人は人を育てられるのか?という問いがある。答えにはYESもNOもある。
自分のスタンスは
「何もしないことに全力を尽くす」

後編に続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

優秀な部下への仕事のアサイン

島村剛インタビュー後編

前の記事を見る

優秀な部下への仕事のアサイン

次の記事を見る

島村剛インタビュー後編

関連記事

コメントを残す

*