2018/06/11

土曜日の朝にジムに行く7つの利点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日の朝にジムにいくと、男性だらけです。私が通っているジムでは、女性人気が高いスタジオプログラムが、土曜日の朝にないからだと思いますが、男性だけでめちゃくちゃ混んでいます。

ある日、自分が長椅子に寝ながらダンベルを上げ下げしていている最中です。私の頭上に、あるお爺さんがダンベルを持って立ったのです。

頭上にそのお爺さんが見えるので、ちょっと変な感じでしたが、さらに両手でダンベルカール(力こぶを作るようにダンベルを手で上げ下げをする動き)をしだしたのです。

私には、そのお爺さんの見た目が、なんとなく頼りない存在にみえて、いつダンベルが頭上に落ちてくるかと恐怖を感じていました。

実際のところ、寝ていたので、すぐ頭上に見えましたが、本当は少し離れていたと思います。しかし、寝ている頭上でダンベルが動く姿を見るのは怖い体験です。

そんな恐怖体験もありましたが、土曜日の朝にジムに行くのはビジネスパーソンにとって、いくつかのメリットがあります。

7つのメリット

金銭的なメリット

金曜日の夜に飲みすぎたりすると、土曜日の朝にジムに行くのは難しくなります。そのため土曜日の朝にジムに行くことを中心にスケジュールを考えるようになっていきます。

そして、おそらく飲みに行く日は金曜日が多いでしょう。

その金曜日に飲みにいけないということは、必然的に飲みにいく機会が減り、逆に金銭的なメリットが得られます。その分健康的な運動ができるジム代が捻出できるわけです。

一人でできる

ジムは一人でできます。仲間をつどる手間もありません。道具も今まで履いていたスニーカーの裏を綺麗に掃除すれば、あとは特に道具もいりません。

ほとんどの方が1人で来ていますので、黙々と自分の世界に入ることができます。私はジムで自転車にのりながら、iPhoneで スポーツの動画を見ていたりします。

日頃、仕事では多くの人と関わり、自宅では家族サービスが忙しく、気が休まる時間が少ない人にとっては、土曜日の朝は、電話や仕事のメールもほとんどないので、1人の時間を有意義に堪能できます。しかも健康的に。

同じ趣味を持った仲間

1人の時間も堪能できますが、ジム仲間を作る方もいます。また私は職場に筋トレ先輩と筋トレ後輩がいますので、筋トレ仲間と、どこのプロテインを飲んでいるか?いい味はあるか?何キロのベンチプレスあげてる?
という話ができるので、盛り上がります。
(プロテイン話が盛り上がるのは主に男性同士です)

家族サービスに影響が少ない

土曜日の朝は、家族も長く寝がちです。土曜日の朝早い時間に行動すると、家族サービスへの影響も比較的少ないです。

また、私のように45歳ぐらいになると、多くの方は、何かしらの項目で健康診断にひっかかります。運動しないと、健康に影響が出るといえば、家族もジムへ協力的になっていきます。

ストレス発散

筋トレは、週末までため込んだストレスが健康的に発散されます。よくあるストレス発散方法は、金曜日に飲みにいったりして、土曜日に2日酔いで1日を棒にふったりします。飲みすぎたり、食べすぎたりすると、余計疲れたりすることはありませんか?

土曜日の朝にジムに行くことによって、健康的にストレスが発散されます。

体調管理

毎週定期的なスケジュールで筋トレをすることにより、毎週のコンディションがわかるようになります。自分の肉体変化だけではなく、体重、血圧などの測定も定期的にできるようになり、自分の変化に敏感になります。

朝が楽しみになる

筋トレをして、体型に変化が出てくると、筋トレが楽しみになります。そうなると土曜日の朝が楽しみになり、早く起きるようになります。そうなると朝型の生活習慣になり、健康的な生活になります。

コメントを残す

*