2017/11/10

認知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーアクティブ・コーチング® において 「認知」は一つのスキルです。しかし、 一つの「スキル」というにはあまりにも大きな力を持つスキルで、「スキル」 というにはもったいない感覚があります。

それほどクライアント(相談者)とって大きな力となるこの「認知」のスキルについて今回は話していきたいと思います。

認知

「認知」という言葉を聞いてどんなイメージが出てくるでしょうか。

辞書には 「あることをはっきりと認めること」と書いてあります。簡単にいうと「認める」ということですが、コーアクティブ・コーチング® では、「人としての魅力を言葉にすること」を「認知」といい、「人としての魅力を言葉にして届ける技術」を「認知のスキル」といいます。

これは、コーチとしてだけでなく、 関係構築や部下育成においても大変重要なスキルの一つです。

人は誰でも認められたい

今、「あなたは認められたいですか?」と聞かれると、心の中でどんな答えが出てくるでしょうか。
「認められれたい」という気持ちを「承認欲求」と呼びます。

「 承認欲求」 は人間の根本的な欲求であり、睡眠欲や食欲と同じように基本的な欲求ですので、これまでの人生の中のいろいろな経験から「認める/認められる」ということを 真正面にとらえられなくなっていたとしても、伝えたことを受け取らなくてもそもそも人は誰しも「認められたい」という欲求がある、ということをまず知っておくことです。

何を認知するのか

あなたの職場で身近な人を一人イメージしてみてください。あなたは、その人のどんなところを認めていますか?

  •  仕事が早い
  • コミュニケーション力がある
  • 
 論理的
  • 専門知識が豊富

思い浮かんだ要素をまずは書いてみるといいでしょう。これらは、どちらかというと目に見えている言動についてですが 、次のステップとしては 、 目に 見えていないけれど、あなたが感じているその人の「人柄、パーソナリティー、ひととなり、生き方、人間的な魅力」 等々をリストアップしてみましょう(実際に今やってみてください)。

いかがでしょうか。リストアップしてみて何か気づくことはありますか。上記のように目に見える言動で認めている要素と、目に見えないけれども感じられるその人の魅力を考えていただきましたが、これらをしっかりと相手に伝 えていくことが「認知のスキル」です。

以前お伝えしたように、コーアクティブ・コーチング® では「事柄」 ではなく「人」に焦点をあてたかかわりが中心になりますが、この「認知のスキル」も同様です。人に焦点をあてるとういことに照らし合わせると、できていること、やっていること、というより、その人が「できていること」や「やっていること」の奥にあるその人の思いや生き方、信念、価値観、を言葉にして相手に届けるということです。

認知はどこから生まれてくるのか

認知はスキルだとお伝えしてきました。ではこの「認知」はどこから生まれてくるのでしょうか。

一言で言うと「好奇心」です。

相手に対してそもそも好 奇心がなければ、その人の魅力を感じることはできないで しょう。通常は目の前でその人が見せる行動を評価、判断し、「この人はこんな人」と認識しがちですが、さらにその人に好奇心を向けて考えてみてください。

  • 「何がこの人にこんなことを言わせるのか」
  • 「この人がこの行動をとる奥にはどんな思いがあるのか」
  • 「この人は何を成し遂げたくてこういう行動をしているのか」
  • 「この人のゆずれないものは何だろう」
  • 「この人のこの行動に潜むさらなる 可能性は何だろう」
  • 
 「この人はどんな生き方を望んでいるのだろう?」

こんな感じです。いかがでしょうか。コーアクティブ・コーチング ® でいう相手に好奇心を向ける、とはただ単なる表面的な興味関心ではなく、その人そのものに意識を向けていくことなのです。認知のスキルとは「人としての魅力を言葉にして届ける技術」ですが、その根底に、人への「好奇心」を常に開いておくことでこの技術に輝きをもたらします。

練習が必要

スキルは練習しなければうまく使えないことは皆さんもよくご存じだと 思います。

そして、今回のこの技術を磨くにはまず、自分の中にある「人への好奇心」を最大限に開いていくことから始まります。普段あまり好奇心を持って接していない人を対象にして練習をスタートしてみましょう。

前述した問いを持ちながら普通の会話をしてみてください。恐らく聞こえてくるものが違ってくるはずです。聞こえるようになってきたら、ぜひその聞こえたものを「違っていてもいい」ので言語化して伝えてみましょう。

この「違っていてもいい」 というのがこのスキルを磨くコツです。 なぜなら、実は話している本人がそれ自体に気づいていないことが多いのです。言葉で伝えられて初めて本人が認識したり、言葉で伝えられたことで、 実際そうではなくても、自分自身がそのようなインパクトを与えている、ということに気づくきっかけになったりするのです。

「お話を伺っていて、Aさんは △□を心から望んでいるのだなぁと感じました。そしてそれを絶対に手に入 れる!という強い意志が伝わってきました。私はそう感じました」

と、こんな感じです。関係性関係なくあらゆる場所でスキルを磨いてください。 一人でも多くの人がこの「認知」の力を味方につけ、難しい局面でこそ「認知し合える組織やチーム」になっていかれることを願っています。

今回の柴原の記事は週刊ホテルレストランで連載されています。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

仕事に興味がない部下は上司がつくっている

メンタル強化術「心の筋肉痛」

前の記事を見る

仕事に興味がない部下は上司がつくっている

次の記事を見る

メンタル強化術「心の筋肉痛」

コメントを残す

*