2017/11/08

仕事に興味がない部下は上司がつくっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーチングのコースや説明会には多くの管理職の方が参加します。

そして、その中でも鉄板で出て来るマネジメント上の悩みがあります。

それは、「仕事に興味がない部下」への接し方です。

例えば

・働くことに対する価値観が多様化している

・正社員ではないので、もともとモチベーションが低い

・もともとやりたい職種ではなかった

など

上記のようなことが原因となって、彼は、彼女は、仕事に興味がないし、出世とかも考えてないんだろう。と感じることが多いのです。

その後の上司の思考パターンとしては、

「昔と時代が違うので仕方ない」

と思って部下のマネジメントを放棄して、目の前の緊急な仕事や問題に集中してしまうのです。

私は多くの管理職の方と話す機会がありますが、時間も余裕があって、精神的にも良好で、新しい変化を始めたくてたまらないという人にはほとんど出会ったことがありません。

今、求められている成果や問題に意識のほとんどが向いています。

プレッシャーのかかる毎日を過ごしています。まあ、大変です。

しかし、そうやって必要な成果や問題対処ばかりしていることが続くと、チームメンバーに、そして自分にどんなことが起こるでしょう?

ちょっと想像してみてください。

 

きっと、あまりいい結果にはならないのではないかと思います。

 

実は、「仕事に興味がない部下」に対して、上司が、その部下の意見を聞いていないことや、話もしていないということが原因になっていること多いのです。

何がいいたいかと言うと、「仕事に興味がない部下」は上司の思い込みで作られていることが多いのです。

実際のところ、部下の勤務態度、今までの行動、職務形態によって、上司が部下に対して、仕事に興味がないと決めつけているケースが多いのではないでしょうか?

上司が部下に対して、「彼は、彼女は仕事に興味がない」と思って接すると、部下もその影響を受けていき、本当に仕事に興味がないようになっていきます。

以下に参考となる動画があるので、こちらを参考に部下に接してみてください。

きっと何か変化が出てくると思います。

出世に興味がない部下との面談

コメントを残す

*