2017/04/01

生意気な部下への対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生意気な部下

生意気な部下に対してどのように接したらいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。高圧的に接すればいいのか、逆に放っておけばいいのか?
生意気であることが悪いことではないのですが、上司であるあなたの言うことを全く聞かなくなってしまったら
それは問題ですよね。
実は、上司であるあなたの関わりが、部下の生意気さを増長させるということがあるのです。

高圧的に関わる

生意気な部下に高圧的に関わるというのは、悪い対応というわけではありませんが、一歩間違えば、相手から反発を招く関わりです。

また、生意気だからと言って理詰めで相手の言葉をさえぎるのも、反発を生みます。上司と比べると、部下はもともと立場としては弱いものです。
生意気だからといって、上司が責めると部下も反抗し、対立構造が生まれます。理詰めで部下を追い込むと、逆にパワハラに捉えられることもあるなど、責める関わりはいい関係を生みません。

受け止める関わり

仕事でミスをしたとき、うまくいかなかったりする時、そこを責められると部下としては厳しい状況になります。正直言い訳もしたくなります。

仕事の出来栄えを責める関わりよりも、まずは部下の言葉をしっかり受け止める。受け止めることで本音の会話ができるようになり、未来の話ができるようになるので、部下の成長を促すためにも有効な関わりです。

 

部下にもっと成長、早く一人前になって欲しいというあなたに7つのツールをご紹介します。

 

コメントを残す

*