2017/04/01

やる気のない部下への対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やる気のない部下への対応

やる気のない部下にはどう接すればいいのでしょう。

一概にやる気がないと言っても、ずっとやる気がない場合もあるし、ある期間やる気がないケース、本当はやる気があるけど上司の前ではやる気を見せない、やる気を出したいけど何らかの理由でうまくいっていない、など様々なケースがあります。

責める関わり

やる気がなくなるときは、誰でも経験します。

ただやる気がないときに、

「やる気をあげろ!」
「自分でモチベーションを保つんだよ!」
「プロなんだから!」

と相手を責めて、自分のときはこうだったと自分の経験を話すのも、やる気がないときには逆効果になるときがあります。

なぜなら、その関わりは、やる気がなくなっている理由に届いていないからです。

相手に関心を持つ

やる気のなくなっている理由はなんだろうか?

部下が今どんな状況なんだろうか?と部下に関心を持つことが大切です。

やる気がなくなる根源がわからない限りは、問題解決の提案などをしても的外れになるときがあります。
そのため、普段から部下の状態を見守り、部下の表情や状態を観察することが重要になってきます。

そうすると普段と違う状況があった場合は、いち早くわかったりします。
また、ストレートに今の状態を伝え、

「本当はもっと力を持っているのに、なにか調子悪いよな?何かあったの?」

と期待を伝えてから、直接質問してもいいでしょう。

しっかり聴くことにより相手が本音を話し出します。
部下が何を考えているかわからないケースでは上司が話を聴いていなかったり
部下に関心を持っていなかったりすることが原因のことが多いのです。

 

コメントを残す

*