2017/04/01

完璧主義の部下への対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

完璧主義の部下

完璧主義の部下は、細かいところまでそつなくこなすので、有能な部下のケースであることが多いのですが、ただミスをした場合や、100点満点の成果でない場合は、必要以上に落ち込んだり、自分を責めたりすることがあります。

励ますだけの関わり

成果は出しているのに、落ち込んでいる部下への対応は、基本的には励ましになります。
ただし「元気を出したほうがいいよ」、「ポジティブにしたほうがいいよ」、「大丈夫だよ」と一般論を伝えられても、相手の耳には届きません。

強みを伝える関わり

強みとは、ただ単に出来ていることだけではありません。部下のこだわりや大事にしている考え方、あり方を強みとして言葉にして具体的に伝えることで、部下は本当に認められたと感じ勇気づけられます。

そのため、部下のこだわりや大事にしている考え方、あり方を言葉にして具体的に伝えることが、相手にとっても本当に認められた感じを受け勇気づけられます。

そして上手くいった行動にも焦点をあてて、その行動がどのような結果を生んだかをしっかりと具体的に確認することによって、できない箇所だけではなく、できているところにも目が向くようになり、部下は落ち込みから脱して前へ進んでいくようになるでしょう。

 

コメントを残す

*