2017/04/01

年上の部下との面談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

年上の部下との面談

年功序列制度がなくなり、年上の部下をもつ管理職の方も多くなっています。

年上ということで、変に気を使いすぎてしまって、どのように指示をしたり、関わったりすればいいか難しいという方も多いのではないでしょうか。

特にしっかりと話し込む必要がある面談において、上司であるあなたは、適切な対応ができていますか?

 

悪い対応

年上ということで、気を使いすぎてしまうのは、いい対応ではありません。
また、相手があまり話さない相手だと、何を考えているかわからないので、面倒だなと思いながら、対応しがちになります。

そのため、重要なキャリア面談にも関わらず、相手の本音やキャリアについて話すこともなく、早々に時間を切り上げて終わってしまったりします。

こういった対応が続くことにより、相手との関係が次第に薄らいでいき、チームをマネジメントするといった役割も果たせなくなってしまいます。

 

良い対応

率直に上司である自分の思いや期待を伝えることです。

上司が本音を話すことにより、年上の部下も次第に心を開いてきます。

特に大事なポイントは相手と協働するというマインドです。
年上の上司は敵ではなく、同じ成果を求めるメンバーです。成果をだすために協働するというマインドで、率直に意見を聴き、自ら思いや期待を伝えることが重要です。

こういった関わりを続けていくと、苦手だと思っていた年上の部下が、次第にあなたの一番の味方になっていくことでしょう。

コメントを残す

*